スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

2:37

天使と悪魔が同居している山小屋にはシャワーがついてない
だから二人はいつも仲良し
それがどうかしたのかと尋ねられたら
俺はそいつに自殺を勧める以外、手がなくなる
だからそんな悲しいこと言わないで
――Blankey Jet City 『プラネタリウム』

------------------------------------------------------------

嗅覚が幼い頃から弱く、そのくせ鋭敏だ。
食事とセックスの快楽の大部分をあらかじめ喪っているかもしれず、それでも届く香気は、脳に直に染みて、消えない。
私の表層的なペシミズムも、同根なのかもしれない。
好きなのはプロデュースが見事な化粧品の匂いと、その奥の膚の匂いだ。
酩酊の先に嘔吐が待つように、匂いの陶然の底には、嘔吐が蟠る。
自家中毒する。


映画の感想を。



------------------------------------------------------------
素粒子 オスカー・レーラー 2006年 ドイツ

 
ミシェル・ウェルベックの原作は、全ての物語がこの結末になることを望んだ唯一の小説である。
これまで私がここに書いてきたことは、殆ど全てがこの小説への追想である。

ドイツで映画化されたことは随分前に知っていて、アナベル役がフランカ・ポテンテであることも併せて(私は女性の貌が大好きだから、どうしても彼女の貌に馴染めないのだ)、機会があれば観ようとだけ思っていた。
傑作ではないが涙が止まらなかった、という内容の中原昌也のコピーがあったが、果たして、その通りだった。
アナベルの悲劇が最後まで描かれておらず、それこそがミシェルにクレスデン・ノートを完成させ、物語を結末へ導くのだが、それを大きく省いている(示唆は残していた)。
だがその点に固執してこの映画を否定する気にはならない。
監督は原作を、理解している。
モーリッツ・ブライブトロイのブルーノと、マルティナ・ゲデックのクリスチアーネが、まさにブリュノとクリスチヤーヌだったのだ。

映画は原作をなぞる必要もなければ、覆す必要もない。
オスカー・レーラーは、一からきちんと作った。
彼はウェルベックではない。
彼なりのテーマで映画を作り、そのテーマは、ウェルベックと少しだけ共鳴していた。
それだけで、素晴らしい。


------------------------------------------------------------
明日、君がいない ムラーリ・K・タルリ 2006年 オーストラリア


立ち上がれないほど衝撃を受けた理由はわかっている。
創らなければならないものを全力で創ろうとし、完成した、という奇跡を眼にしたからだ。
10代の監督が、現実を描こうとして、描いてしまったのだ。
ガス・ヴァン・サント「エレファント」なんかと比べようがない。
結末、彼女が死んだ理由は、「理由」などという陳腐なものと別のレイヤで理解されなければならない。
無比の映画、である。


------------------------------------------------------------
ベロニカは死ぬことにした 堀江慶 2005年 日本


以前「ゆれる」の感想で、誰かとセックスしている真木よう子はいつでも観たい、と書いたが、正直なところ、真木よう子はいつまでたっても私にとって曖昧なのである。
良くも悪くも濃い俳優を集めすぎた中に彼女は埋没していて、テーマの脆弱さ(スーサイドの本質において上述「明日~」と比較してみるとよくわかる)も相俟って、日本のインデペンデント、という括り(括ってしまっても乱暴にならないところが絶望的なのだが)で、映画は進んでいく。
吹雪ジュンは映画を演じようとしていて、市村正親と荻野目慶子と中嶋朋子が舞台を演じようとしていて、監督がそれをまったく制御できていない。
何よりもスコアが最悪で、音を消して字幕で見たいと思った(そうしてしまうと山口とものパーカッションが聴こえなくなってしまうのがすごく残念なのだ)。
真木よう子の乳房と自慰シーンばかりが話題になる映画で、私もそれを見て真木よう子を確かめようとしたのだったが、果たしてそのシーンのみが突出した素晴らしさとくだらなさで、苦笑いさえできない。
が、憤りはない。
少なくとも、ヒロインは、物語によって変化した。
それだけではとても及第しないのだが。


------------------------------------------------------------



金曜は好きな女の子と銀座で飲んで、旧い仲間の家に泊まった。
土曜は自分の家でもう一人の旧い仲間とゴーオンイエローのポージングを真似て昼を過ごし、夜は裏ビデオの話をして過ごした。
日曜の昼に見送ってから月曜までは幸福な気分だった。
火曜は太陽に当たりすぎで、憂鬱で吐き気がした。
水曜からニーチェ「この人を見よ」を再々読。

酒が水のように旨い木曜の夜だ。

 

  1. 2008/05/02(金) 02:17:05|
  2. cine
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<バーバラ・セクサロイド | ホーム | El gran Masturbador >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://azulsangriento.blog84.fc2.com/tb.php/68-76ab4f67
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)







soy


Aqui esta:
アスルサングリエント

Me llamo:
慈姑(クワイ)

A mi mismo:
この夜、凶なきか。
日の暮れに鳥の叫ぶ、数声殷きあり。
深更に魘さるるか。
あやふきことあるか。

twitter

hydlage reload

cronica

archivo

comentario

tb

buscar

calendario

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

conexion

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。