スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Amazing PAIN for you




以前、帰宅してテレビを点けると、鬼束ちひろがSmells Like Teen Spiritをチェロとピアノの伴奏だけで唄っていて、その圧倒的な気色悪さに、バーホーベンのスターシップ・トゥルーパーズと同質の崇高さを感じて、食卓から拍手を送ったことがある。


亜矢において問題なのは、あまりに美しい、ということである。


自傷的女性シンガーソングライター、というのは日本の伝統芸だが、グランジ、というジャンルがシアトルで規定された10年ほど前に、その普遍性に慄然とした記憶がある。
表現者と芸人をひと括りに「アーティスト」と呼び、それがイコール「商品」であることに、今更感情が昂ぶることもないが、私にとってグランジとは、芸人であることへの反発を無謀にも諦めないこと、なのである。


しかし女性がそれをやると、美しくなくなるのだ。
女性の唄は究極的に「媚び」でなければならない、とか思っているわけではなくて、逆に唄に「生身」を篭めることができるのは女性だけだと思っているのだが、どうしても、己の皮膚の内側を唄い、それによって皮膚の外側に傷を負うような女性歌手に、美しさ、を感じることがなかった。


情念、という抽象まで行っちゃってくれてれば惚れることができるし、己を戯画化することの芸術性に気付いて、確信犯的にそうしてくれれば、ファンになれる。
どちらかでなければ、迫力に押されつつも、首をかしげるしかできないのだ。
つまり、気色悪い、のである。
これは私見ではなく男性の自然な反応だと思うが、どうかしら。ご意見ください。


さて、亜矢はそのどちらでもないのに、美しすぎるのである。
「だってあたしの人生 語呂合わせなんだもん」とは椎名林檎の名文句だが、語呂合わせにならない人生への違和を、表出しきる方法を、ここまで見事に実践しているのは、私には奇跡としか思われない。


身につまされる歌詞ではない。
歌詞だけを読ませようとしていない潔さがあるのは、これほどシアトライズされた音を出していれば当然といえば当然なのだが、一つ一つの言葉に重きを置かない、という、重きを置きすぎた果てにしか至れない境地に、無自覚に至っているように思われる。
青森で活動している、コスモスという敬愛するバンドのボーカルの方が、つい先日三上寛に「テーマがあればテンションなんてどうでもいいんだよ」と云われた、と日記に書かれていたが、まさに、それだ。
彼女はテーマだけで、唄っている。
ここでいう「テーマ」とは、誰でも掲げられるものではない。
私が最近よく使う「ヴィジョン」というものが、誰にでも見える景色ではないのと同じだ。
テーマ/ヴィジョンに至っているか。
表現者に必要なのは、それだけだと私は思っている。


あー、やべー、超エモい。とだけ思っても結構。
ちょっと観てみてください。


禁じられた歌
選択の朝


スーツケースから身を起こすときの軸が、さ。
マイクに戻るときの膝の角度が、さ。


私を以前から知っている連中は、お前ああいう顔大好きじゃん昔から、とか云うんだろうけど。
その通りなんだけど。

  1. 2007/07/01(日) 01:38:17|
  2. musica
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<Rammstein | ホーム | nothing in particular>>

コメント

突然のメッセージすいません。亜矢に是非復活して欲しいという思いが募り、FBページを作成しました。FBに登録していないと観ることができませんが、ご興味がありましたら
お付き合いください。よろしくお願いいたします。
https://www.facebook.com/ayarock696
  1. 2013/09/15(日) 01:41:19 |
  2. URL |
  3. NAKAGAWA #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://azulsangriento.blog84.fc2.com/tb.php/46-2c3e2b33
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)







soy


Aqui esta:
アスルサングリエント

Me llamo:
慈姑(クワイ)

A mi mismo:
この夜、凶なきか。
日の暮れに鳥の叫ぶ、数声殷きあり。
深更に魘さるるか。
あやふきことあるか。

twitter

hydlage reload

cronica

archivo

comentario

tb

buscar

calendario

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

conexion

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。