スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

media

横浜で姉と。
湯葉刺しを喰いながら入院の段取りと、両親が上京するにあたっての口裏合わせ。


祖父と父達との忌まわしい怨恨から、本質的に断絶していることを前提としていようと何とか親子における社会性を獲得した我々姉弟の健闘を称えあう。


それを決して理解できぬ妻を娶った私はきっと正しいと思う、と云うと、そうだね、と肯いてくれた。



PC60台のセットアップ、各種設定、ネットワーク管理、ナレッジデータベースの作成、トークスクリプトの精査、研修資料作成、に頭が滲んでくるときに、かつてゴンドラに乗って窓を拭いていたビルディングの27Fの窓外では、観覧車に設えられたネオンがフラクタルを描いている。


少女と寝たい。
横浜を根城にしている、真珠を入れた男に連絡をして、遊びを分けてもらおうか、と思う限りは、私はまだ本当に疲弊してはいないのだと思う。



同門の、米田淳一という作家から、不意に連絡が来る。
師、山田正弘を偲んで、また皆で集まる会を企画してほしい、という内容のようだったが、羨ましいほどの漱石めいた分裂が発露しているときの電話だったようで、師の術後に故郷から茸の粉末を仕入れて渡した話や、彼の奥様が糖尿病になり各種の抗鬱剤とインシュリンを同時摂取している話や、6年か7年ほど前に内房にある千代田区が管轄している宿で遊んだ思い出などを、フラグメントのエフェクトで話し続ける彼に、素面であろうと意識的であった私は相槌しか打てなかった。


私に潜む彼のような要素を、師は見抜きながらも、家を建て子を育てることで己の才能への見限りをうやむやにしようとしていた私を、否定しなかった。



一週間ほど前に、それを思い出させてくれる友が来てくれた。
焼酎を一升呑んだ。
錠剤も呑んで、葉も燻した。


それ以来ずっと、賭博について考えている。
競馬はとても上質な娯楽であることは間違いないだろうが、本当の賭博師は、決して手を出さないだろう。
1/2で勝負が決まることだけが、賭博なんだろう、と、蒲田川崎間で思った。


1/2、勝ちがあるかどうかに賭けることは、その賭け自体が1/2を孕んでいる。
賭け続けることが、音楽なのだ。



DVDのアーカイヴを掘り返して、幾つもの女性器を眺めた。


 

  1. 2007/05/11(金) 02:51:15|
  2. musica
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<confusion will be my epitaph | ホーム | juguete>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://azulsangriento.blog84.fc2.com/tb.php/31-6a149fc3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)







soy


Aqui esta:
アスルサングリエント

Me llamo:
慈姑(クワイ)

A mi mismo:
この夜、凶なきか。
日の暮れに鳥の叫ぶ、数声殷きあり。
深更に魘さるるか。
あやふきことあるか。

twitter

hydlage reload

cronica

archivo

comentario

tb

buscar

calendario

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

conexion

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。