スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Autofiction

火曜。


大手PCメーカーのサポートデスクの管理業務で、派遣で来ている20歳の天才と話す。
メモ帳だけでJAVAを書くことができ、服装が二流ホストで、自宅にVPN環境を構築でき、平成生まれの恋人がいて、学校を出ていないのに変数や関数の概念をフィジカルに知っていて、年内に起業予定の、セルシオに乗った男だ。


平成10年に平成生まれの女の子とセックスした知人の話や、裁判の判決まで大法螺を吹き通して執行猶予中の再犯なのに懲役三年で済んだ親友の話をしてやると、無邪気に笑っていた。
エレガント、という馬鹿馬鹿しく美しいスタンスだけはこいつに勝っているな、と思ったりする己を、己に対する、いや、何にも対さないアリバイ、のように思って、甘苦く笑っていた。


家に帰り、妻と自然に笑い合う。
喧嘩をした次の日には、決まってエホバの証人の信者が訪ねてくるという。
「イエスさま、あ、いけません、ごめんなさい! って云いながらエッチするような女の子なの」と云っていた。
その子が置いていった冊子をめくりながら眠った。


 


水曜。


休日。
次男を連れて、本籍地である東京都北区の役所に、戸籍の謄本と附票を取りにいく。
車中で隣り合わせた、毛皮にプラダのバッグのマダムに、次男の頭を撫でさせながら、快速は南千住と新御徒町には止まらなくてもいいわよねえ、という彼女の話に、相槌を打っていた。
秋葉原ヨドバシカメラで、ロールパンナちゃんとメロンパンナちゃんの人形を姉妹セットで買ってやる。
どちらかひとつは兄貴にあげろ、父さんはロールパンナちゃんの方が好きだな、陰があって、と云うと、どちらも兄ちゃんにやる、という内容の身振りをする。
頭を撫でてやると、フケがたくさん出た。


深夜に韓国映画「グエムル」を観る。
冒頭20分は出色の出来。
あとは突っ込みどころが多すぎて、とりわけ云うこともない。
脚本にスジを通すためには、あと5億ウォンぐらい使ってソウル市内を焼き尽くしてしまわなきゃならなかったのに、と思いながら、それに何の憤りも覚えないのは、アメリカをコケにするやり方に、ユーモアがあったからだ。


 


木曜。


予備校の広告で見た、「円周率が3.05より大きいことを証明せよ」という東大の入試問題について考えて暮らす。
円に内接する正多角形の外周が円周より短いことを利用する、ということには気づいたが、余弦定理どころか、三平方の定理すらすっかり忘れている。
3年ほど前のIQテストでは東大生の平均より上だったのに、と浮かんでくる己のみじめさを、受け入れるのをよすことは、何とかできそうな気もしてくる。


金原ひとみ「オートフィクション」を読了。

ニーズのある小説を、プロフェッショナルの力量で書ききっている。
このまま10年でも20年でも書き続けてほしいと思う。
男は彼女の小説を読むべきで、女は西村賢太の小説を読むべきだ。
本当のこと(当然どちらも、決して『私小説』なんかじゃないのは明らかだ。事実かどうか、など、小説を創るうえで、取るに足らないということを、評論家でさえ忘れている)が書かれている本は、数少ないのだから。


彼女の凄さは、クラッチの切れ味である。
ハンドル捌き、ブレーキのタイミングは、乱暴な例えだが椎名林檎の方が隔絶した腕を持っている。
どちらも、アクセルを踏み切っているようで、いや、実際に踏み切りながらも、制御するデバイスが確立している。
彼女は彼女の女性器との会話において、「情」というカオスを表現しきっている。
私は私の男性器との対話を、文字通り茶を濁すことで、等閑にしている。


21歳のときに、15歳のあなたとセックスしたかったよ。


 


明日で30歳になる。




  1. 2007/03/01(木) 23:59:58|
  2. libro
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<贋世捨人 | ホーム | アンテナ>>

コメント

ダニエルラノアっておっちゃんのアルバム聴いてみて

だまされたと思わないで

  1. 2007/03/03(土) 02:58:08 |
  2. URL |
  3. タマガワ #-
  4. [ 編集]

セカンドのジャケット、ヤン・ソウデックだ。

探してみるわ。
ブライアン・イーノと組んだりしてる人なのね。

いざというときに、「いいのよ、いいの、ブライアンイーノ」って駄洒落を云う女の子がどこかにいないかと思っているんだが、まだ会ったことがない。
  1. 2007/03/04(日) 01:22:14 |
  2. URL |
  3. 慈姑 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://azulsangriento.blog84.fc2.com/tb.php/22-4a5970d2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)







soy


Aqui esta:
アスルサングリエント

Me llamo:
慈姑(クワイ)

A mi mismo:
この夜、凶なきか。
日の暮れに鳥の叫ぶ、数声殷きあり。
深更に魘さるるか。
あやふきことあるか。

twitter

hydlage reload

cronica

archivo

comentario

tb

buscar

calendario

01 | 2017/03 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

conexion

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。