スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ouroboros

家から蝙蝠を追い出すことに反対することが、自分がこの家にいることに反対することに重なって、避けようとするよりも、みっともない思いが生じて、殺さずに追い出す業者を探した。


見積に訪れた男はスチルウールのような髪をした初老の男で、ただじっと話を聞く技倆が眉間から滲んでいた。
首都圏全域を担当しているとのことだったので、歌舞伎町にも蝙蝠はいますか、と訊いたら、ええ、いまさっき、出ていってもらいました、と笑む。
じゃあお願いします、と6万円を渡した。


長男の名を「環枢(わたる)」と付けた。もう7年前だ。
区は横にすると凶でしょう、普通は付けないよ、君らしいね、と笑ってくれたのは師だった。
人に訊かれると、枢が環で、中はわからないんだよ、皆既日食みたいなもんさ、と応えていた。
ここ数日、15年ぶりに一から曲を書いて、浮かんだタイトルが「Ouroboros Nocturno(夜のウロボロス)」だった。
この環か、と気付いた夜は、誰にも秘密にする必要がない。


(風俗=人の谷を「わたる」風、という意味もあった気もするが、覚えていないし、そうであってもいい)


私は蝙蝠ではない。蛇だ。
蛇でなければあの白い身体を縛ることができないからだ。
蛇だ。蛇だ。
犯して、喰い破って、塗れて、窒息する。
  1. 2010/10/31(日) 23:34:17|
  2. diario
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<If I Was Your Vampire | ホーム | 羽虫のように>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://azulsangriento.blog84.fc2.com/tb.php/158-4902791d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)







soy


Aqui esta:
アスルサングリエント

Me llamo:
慈姑(クワイ)

A mi mismo:
この夜、凶なきか。
日の暮れに鳥の叫ぶ、数声殷きあり。
深更に魘さるるか。
あやふきことあるか。

twitter

hydlage reload

cronica

archivo

comentario

tb

buscar

calendario

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

conexion

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。