スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Simple Cymbal Sample

昔好きだった女に泣きつく夢を、眠らずに見ている。
泣きつく己を見下ろしている。
見下ろす己を座って見ている。
顔のない女がこちらを見ている。


一番云われたくないことを見抜いて云ってくる女性がいた。
云われたくなかったのは、図星だからである。
だがそのお陰で、おそらくそのお陰だけで、私の「技術」が高まったことには感謝している。
私に必要だったのは、納得のいかないこと、だけだったのだ。
それでも最後まで彼女のことが苦手だったのは、彼女が私に対する愛情を持っていなかったからだ。
私も彼女に愛情を持っていなかったが、私に対しては持っていてほしかった。


腹部の痙攣が続いている。
腹筋なのか、胃なのか、横隔膜なのか知らないが、時折腹がびくっとする。
食欲はないが、気持悪くなるくらいものを食べたら治る気がする。
求めているのは治ることではなく、気持が悪くなって嘔吐したあとの、痙攣の再発である。


幸福と快楽は当然比例しないが、正確に反比例もしない。
幸福が入り込む余地のない、完璧な快楽、「生きる」ために憧れるのはそれだけだ。
快楽が入り込む余地のない、完璧な幸福、とは、自殺のことである。
女は完璧な幸福と完璧な快楽に誘って、どちらも与えてくれない。
どちらも与えてくれないことを忘却することが愛情であり、私には生来、愛情が足りない。


座椅子が突然毀れて、ひっくり返っている。
  1. 2009/09/30(水) 02:57:17|
  2. diario
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<knife vacation | ホーム | 非風景/Twitter/残響/飢え>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://azulsangriento.blog84.fc2.com/tb.php/135-fc2064ad
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)







soy


Aqui esta:
アスルサングリエント

Me llamo:
慈姑(クワイ)

A mi mismo:
この夜、凶なきか。
日の暮れに鳥の叫ぶ、数声殷きあり。
深更に魘さるるか。
あやふきことあるか。

twitter

hydlage reload

cronica

archivo

comentario

tb

buscar

calendario

01 | 2017/03 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

conexion

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。