スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

スピードのDISCO FRIGHTに

あなたは二度と孤独になれない
いつか必ず分かる日が来るよ
あなたは二度と孤独にならない
いつか必ず分かる日が来るよ

9mm Parabellum Bullet --- 『Living Dying Message

 

 

 

 

昨日失くした未来を誰かにあげてもいいよ
君が「今」を見失ったら僕のフリをしてもいいから

イマミエルミライ
イマミエルミライ

凛として時雨 --- 『JPOP Xfile

 

 

 

 


4歳の次男には4年の過去で充分である。
32歳の私の過去も、20歳の誰かや100歳の誰かと全く同等に充分だ。


歌を支えるのは充分な過去だけであり、人生の年輪ではない。
過去は歴史と換言できるかもしれない。
あるいは、負債とも。
つまりは、年を食わなければ歌えない歌など、ないのだ。


9mm Parabellum Bulletと、凛として時雨
ここ数日、二つのバンドの曲だけを聴いている。
歌詞は圧倒的に凛として時雨 TKのセンスのほうが上だが、9mm Parabellum Bullet 菅原の歌詞も、青臭いとも技術的に劣っているとも云えない、奇妙なソツのなさがある。
どちらも、歌詞を詩にしようとする卑小さがなく、鼻につくあからさまさもなく、ただ単純に、「表現」に足ることをしている。
音の娯楽性も甚だしくて(ちゃんと常人離れしたギターとドラムがいる点はパラレルで、9mm Parabellum Bulletが優れたツインギターである点と、凛として時雨が特殊なツインボーカルである点が対蹠している。ライブの実力に差はあるのだが、それはここではどうでもいい)、ニヤついたまま、呆然としてしまう。
私は怠け者だから、9mm Parabellum Bulletのほうが好きだ。
凛として時雨には、醒めさせられてしまう。


おねだりマスカットのお姉さん達がいる竜宮城には、私も妻も次男も連れて行くつもりだった、と長男は云い、夢で、だよ、と付け加えた。
それを聞いて起き上がると軽い眩暈がして、深く息を吐いた。
雨の朝だった。

  1. 2009/07/02(木) 01:47:09|
  2. diario
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<Discommunication | ホーム | Annie, are you okay>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://azulsangriento.blog84.fc2.com/tb.php/122-1eddc29b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)







soy


Aqui esta:
アスルサングリエント

Me llamo:
慈姑(クワイ)

A mi mismo:
この夜、凶なきか。
日の暮れに鳥の叫ぶ、数声殷きあり。
深更に魘さるるか。
あやふきことあるか。

twitter

hydlage reload

cronica

archivo

comentario

tb

buscar

calendario

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

conexion

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。