スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

brain drain

このところ何の小説を読んでも、女を喪った悲しみに暮れる男の心情には共鳴できるが、女を喪うのが怖い男の心情に全くシンクロできない。
恒例となった人妻との秋葉原ブックオフデートで、イアン・マキューアン『贖罪』上下巻を買うために手に持ちながらそう思った。


長男の誕生日祝いにと、貸してくれていたPS2『戦国BASARA2 英雄外伝』をそのまま譲ってくれた会社の後輩のために、持っている攻殻機動隊関連の動画をDVDに焼いていているうちに、この土日はすっかり士郎・押井・神山の世界にいて、妻の親戚が来ていたり、ディズニーランドへ行く息子らを見送ったりすることに、全く関心がなく、知らず眠り目覚めた朝や夕方に、家の中に人が居ることがたまらなく不快で、随分酒を呑んでいた。


女の股に口を付けながらきょとんとしている己の後頭を見ている己を知覚することがある。
今日の夕刻はその己を磨り硝子越しに見つめている女を知覚する己も見えた。


既視感を恣意に歪める快楽と、皮膚の奥で伸縮する肉からのエコーを腿や尻が当たる部分や胸が当たる部分からのみ感覚する快楽と、聴覚が記憶を辿る、あるい記憶を捏造する快楽と、他者の体臭を深呼吸する快楽(おそらくこれが一番深い)以外に、セックスの快楽に何があるのか、私は知らない。
だから、また、私は射精できなくなった。
(17歳で初めて性交してから、初めて人前で射精するまでに、私は7年かかっている)


手脚を見ると、びっしりと鳥肌が立っているが、私は何も怖れていない。
怖れていない私を私が怖れているのかもしれないが、知ったことではない。


こういう夜には生まれて初めてThe Rolling Stonesに感動できるかと思って、いろいろと聴いているが、全部、クソだ。
  1. 2009/06/22(月) 01:21:26|
  2. diario
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<Annie, are you okay | ホーム | highschool>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://azulsangriento.blog84.fc2.com/tb.php/120-7e8fdbf3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)







soy


Aqui esta:
アスルサングリエント

Me llamo:
慈姑(クワイ)

A mi mismo:
この夜、凶なきか。
日の暮れに鳥の叫ぶ、数声殷きあり。
深更に魘さるるか。
あやふきことあるか。

twitter

hydlage reload

cronica

archivo

comentario

tb

buscar

calendario

01 | 2017/03 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

conexion

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。