スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Vooruitsteekend

 

Angel Duster
お前だけを連れて逃げたいぜ
Angel Duster
この街の風は乾いてる

The Street Sliders『Angel Duster』










ロックが不良の音楽であるのは、格好良くなければならないからだ。
格好良くなければいけない、という縛りがあるからこそ、「狂い」を呼ぶことができる。
格好が悪かろうと切実であることを「表現」として行うのは勝手だが、格好が悪ければロックではないのである。
見た目が良くてリフが斬新で技術もあるが、伏し目がちに嘘のないことを唄ってしまう最近の若いバンド(という表現を平然と使う私が可愛い)も、ロックではない。
嘘がつけない男が格好良いわけがないのである。


iPodから流れた上掲の歌詞はサビの部分で、圧倒的な格好良さに痺れながら、電車に乗っていた。
全然ロックではない蘭丸と一緒じゃなければロックでいられなかったハリーこそ、致命的にロックな男だと思う。


ここ数日の出来事で、私が善人でもなければ悪人でもない事実を目の当たりにしたことに悄然としていて、まるで、悪いことをしようと思ったのに結果的に感謝されてしまう、という、大嫌いなオー・ヘンリーが書いた話みたいで、独りで笑ったりもしていた。
同時に、私がひねもす苛々して女を求め続けているのは、冗談ではなく破滅したいからであり、次に出会った女にはきっと、俺は君に破滅させてもらいたいんだよと真面目な顔で口走ってしまいそうで、ああ、俺は「狂い」からも遥かに遠ざかっているんだな、と、深夜の居間で酒を呑んだりしている。


前のエントリで、最後に小説を書いたのが何年前かを思い出し、その小説がハードディスクのどこにあるか、見つけることをやめていたのだが、見つけ、開いた。
そこに書かれていたのは私が小説を書かなくなった秘密だったが、思いがけず私そのものに出会ってしまい、感動してしまった。
師・山田正弘が生きていたら、2週間後に別のものを書いておいで、と云っただろう。
そう云われたら私はきっとそうしていただろう。
師の死に便乗していることから、私は今夜も逃げている。


拾った女の子を文字通り「持って帰る」ことができる家がないのは、住む家がないのと同じだ、と、仕事中、電子カルテシステムのエンジニアにメールを書きながらふと思った。


カサブランカス、という2回だけライブを演ったバンドで、一曲だけ書いて唄った記憶は、ずっと憶えていながら、思い出せないところにしまっている。
テキストファイルが小説と同じフォルダに保存してあった。


あの白いひかがみで息を塞がれる
むしりとる真似だけ繰り返す
歯の裏の血の味を転がして
柔らかく毛の生えたものだけが


仰向けで見た色だけを信じてる
うずめた指を諦めている
眼の裏の血の音を震わせて
柔らかく毛の生えたものだけが


甘噛みの匂いで骨が透けている
くちばしで翅の模様描く
火の中の血の奥を凍らせて
柔らかく毛の生えたものだけを

Casablancas『noche』


 

 

 

 

 

 

 

 

 



これが私が最後に書いた歌詞である。
悪くないな、と思った。
ちゃんと、セックスのことだけ書いてある。

  1. 2009/04/29(水) 02:19:27|
  2. diario
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<Rouge Magic | ホーム | Yes, The River Knows>>

コメント

あたしは女で、しかも剛毛ですので、似たような心境だったらきっと違うこと書いたかもしんないなぁ。。

だけど、とっても素敵な詩ですね。


慈姑さん、音楽やられていたんですか?


あたしも、マーズヴォルタは近年まれに見るヒットバンドです。
  1. 2009/04/29(水) 20:39:50 |
  2. URL |
  3. ペン助子 #-
  4. [ 編集]

>ペン子さん

お久しぶり。いらっしゃい。

剛毛なのね(笑)。
誰にでも柔らかい毛の生えたところがあると思います。
大体、隠れたところに。

音楽、と云っていいものかわかりませんが、ステージで楽器持って暴れることはしてましたよ。だいぶ前ですが。

また来てね。
コメントであれならメールでも。
  1. 2009/04/29(水) 22:11:58 |
  2. URL |
  3. 慈姑 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://azulsangriento.blog84.fc2.com/tb.php/114-f2763106
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)







soy


Aqui esta:
アスルサングリエント

Me llamo:
慈姑(クワイ)

A mi mismo:
この夜、凶なきか。
日の暮れに鳥の叫ぶ、数声殷きあり。
深更に魘さるるか。
あやふきことあるか。

twitter

hydlage reload

cronica

archivo

comentario

tb

buscar

calendario

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

conexion

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。