スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

If I Was Your Vampire

肛門を指で解しながら、歯応えのような快感を感じていた。
埋めると膣が拡がるのが見えた。
今月東京拘置所に移送された男から、ほんとこんくらいやで壁、と指で示されたのは、私もその男も16歳の頃、もう17年も前で、こんくらい、よりは厚いな、と思いながら抽送を繰り返していた。耳に音は遠かった。


-----
あの女が2年前まで鶯谷にいた、という情報を、どこで見たのかさえも覚えていない。
情報ではなく女を追ってきたんだ、と駅前で煙草を吸っても、女を追う己が見つからない。
あの女ではない女から二本抜いた指をなめて、赤い、玩具のようなロープできつく縛った。
一本使ってもう一本を足すときにどの状態にあればいいか、という感覚さえ忘れている。
背中にできた醜い縄の瘤を隠すように鏡の前に立たせた。
見える? と訊いた私には何も見えていなかった。


-----
また蝙蝠が出たので、男がやってきた。
次女がふしだらで困る、とか、鼠の国で鼠を取るのは大変なんです、とか、今夜はハクビシンを待ちぶせなきゃいけないんです、とか、新宿で鼠の繁殖がひどいのは、きまってホストクラブかキャバクラなんですよ、とか、寡黙な男から話を聞き出せるほど一緒にいた。
そうして家の中と外の境界を塞いでもらっても、また蝙蝠は私の傍にやってきた。
蝙蝠だけは私を求めてくれている。
という自嘲には酒さえあればいい。


-----
ここ2ヶ月で管野しずかさんのビデオを39本観た。
40本と概算できないのが私の病痾だが、病痾だけがきっと、私のアリバイだ。
今夜は、記憶している身体が縛られて吊るされていくのを、5m離れて見ていた。
5m離れたところに届かない手には、血管が浮いていた。
血管を噛んで、見ていた。


スポンサーサイト
  1. 2010/11/20(土) 03:56:57|
  2. diario
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0







soy


Aqui esta:
アスルサングリエント

Me llamo:
慈姑(クワイ)

A mi mismo:
この夜、凶なきか。
日の暮れに鳥の叫ぶ、数声殷きあり。
深更に魘さるるか。
あやふきことあるか。

twitter

hydlage reload

cronica

archivo

comentario

tb

buscar

calendario

10 | 2010/11 | 01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

conexion

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。