スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

imaginedit

カラーに対応して最初の、60GBのiPodが毀れて、通勤中に開放された耳には、この程度の密度でいるのだろうと思っていた、胸の呪詛を口から漏らす人たちの声が聞こえ、愉快だった。


幾つかの臓器が炭化した感覚でいたから、藤沢周『箱崎ジャンクション』が面白くて仕方なく、面白いと思うのと同じ意味で、こんなもの誰が読むんだよ、と声にしてしまっている己の声は、呪詛と云えば呪詛である。


では家で聴く音楽の密度に差異があったかというと、全くなく、とにかく音数の多い曲に合わせてベースを弾きたくて、音数が多く、誇張されていて且つなるべく処理されていない音ばかり流していた。
刻むのは私の仕事であり、ドラムにもギターにも左手にもイニシアチブは渡さない、という右手の疼きに従って、左手をなるべく流して、部屋の中を歩き回っていた。
私には部屋がある。
部屋には本棚と楽器がある。


以前ここで引用した歌詞が乗った曲の、ドラムトラックだけを送ってもらった。
100度ほど弾いたら、やっとプログラミングされた音間に、忍び込むことができたように思っている。
14年前に自分が書いた曲で、いまこれほど愉しめるのなら、これから書く曲で愉しんでいるうちに死ねるのではないか、同じ意味で、もっと絶望的に、女の子の身体にのめり込めるのではないか。
そう思いながら倒れると、背凭れがある。
背凭れのついた座椅子を持っている。


昨夜、坂のある非風景「部分的に完全な雨」にコメントをさせていただいて、2往復の遣り取り、それがたまらなく幸福なことに思えて、こうした経験を反復するためのことから、どうやって逃げようかと思っている。


MDMAも覚醒剤も大好きなので、何と云えばいいか迷っていて、迷っている以上何か云わなくてはいけないと思う自分の依怙地さというか青臭さを、私は客観することしかできないので、困っていたら、菊地成孔に、また救われてしまった。


「芸能人の方々は、もっと御自分の心の闇を大切になさらなければ。宝なのですから。」――



友人の恋人にあげるために買ったCDを、おそろしい音量で聴いている。
about tess『beautiful』
スポンサーサイト
  1. 2009/08/27(木) 02:54:18|
  2. diario
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2







soy


Aqui esta:
アスルサングリエント

Me llamo:
慈姑(クワイ)

A mi mismo:
この夜、凶なきか。
日の暮れに鳥の叫ぶ、数声殷きあり。
深更に魘さるるか。
あやふきことあるか。

twitter

hydlage reload

cronica

archivo

comentario

tb

buscar

calendario

07 | 2009/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

conexion

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。