スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

見えない物を見ようとする誤解 全て誤解だ

堕天使 人でなし ルシファー 林檎食べてトロけちゃった
キミ 時々 気がふれる 愛 愛 LOVE LOVE

―― BUCK-TICK 『天使は誰だ』



私がやりたいことは私にはやりようがないことなのではないか、と思った、32歳の誕生日である。

身の丈に合ったことが嫌いだ、とはここで再三記してきたが、だいたいそういうことなのだが少し違う。

ヴィジョンがあって、立つ面があって、身を削って拓ける別の面も、同じ多面体の上であって、景色が変わっても遠く、いや、遠いのかどうかさえ、わかりようがない。

もっと努力すればいいのよ、と云ってくれる女の子がいたら、君のことが世界で一番好きだ、と私は云ってしまうだろう。


それでも何も放逐しようとしないのは、何処にもいない女を、愛し続けているからだ。

------------------------------------------------------------

BUCK-TICKにはロックバンドに求める全てがある。
マイベスト盤を作る気は毛頭ないが、好きな曲を選んでみようと思った。
iTunesに入っている曲(多分コンプリートしていない)から恣意に選んだ。
結果が以下の表である。


スポンサーサイト
  1. 2009/03/03(火) 01:27:14|
  2. diario
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2







soy


Aqui esta:
アスルサングリエント

Me llamo:
慈姑(クワイ)

A mi mismo:
この夜、凶なきか。
日の暮れに鳥の叫ぶ、数声殷きあり。
深更に魘さるるか。
あやふきことあるか。

twitter

hydlage reload

cronica

archivo

comentario

tb

buscar

calendario

02 | 2009/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

conexion

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。