スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

baby regretting love

暮れにBSでライブを観てから、Perfumeばかり聴いている。
齎される圧倒的な快感に吐き気がしている。
9thのテンションから唄い始めること、ベロシティがえげつないハイハット、E♭のキー、鋭利なフック、コンピューターというキイワードによるケーデンス、と、快楽のエレメントを分析してみても、足りない。
一旦生身を離れているものへの無条件な恋情、という悪い虫が蠢くのだ。
疼くのだ。


またベッドで本を読むことにした。
手がどんどん冷えていくので、片手ずつ身体の下に仕舞う。


年始にはいつも、何かを禁じようとしていた。
今年はそれを止めている。
喪失へ前進しよう、という修辞も適当ではない、ただ、もっと苦痛が、不快が欲しい。
快の波に溶けて流されていく己の肉を等閑にして、骨だけで屹立したいのだ。


クリスマス時期になると、ジョン・レノンのどうでもいい歌の後で、Poguesの「Fairytale of New York」が流れるのをよく耳にするが、街で流すには惜しい歌だ、と思う私はやはり街が嫌いなのだろうか、という話をクリスマス時期に書こうとして忘れていた。


あけましておめでとうございます。
痺れの年を。
スポンサーサイト
  1. 2009/01/03(土) 04:28:33|
  2. diario
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4







soy


Aqui esta:
アスルサングリエント

Me llamo:
慈姑(クワイ)

A mi mismo:
この夜、凶なきか。
日の暮れに鳥の叫ぶ、数声殷きあり。
深更に魘さるるか。
あやふきことあるか。

twitter

hydlage reload

cronica

archivo

comentario

tb

buscar

calendario

12 | 2009/01 | 02
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

conexion

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。