スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

所作

疑わしきは駅弁ではなくネェちゃんの仕草
御法度の禁じ手使うネェちゃんの所作

三上寛『駅弁』

------------------------------------------------------------

思っていたよりも俺は汚れていたと、顕かになる夏の床に羽虫。 黒。


山盛りのスパゲティに息継ぎをして、いちばん軽いサングラスを選ぶくらいなら、かけないことにした。


風邪が引くと喘息が残る。
発作は、仕方なくセクシーだ。


肉の重さと温かさ以外に、君が俺に与えられるものはないんだよ、とは云わなかった。


「所作」という言葉を、3度意識した土曜。


消毒の匂いと冷房の匂いと芳香剤の匂いが合俟った建物に入ると眼が潤む。


何を見ても、何かを思い出す。


イカ天、という番組については、フジ系の民放局がない青森県では後付の情報しかなかったのだが、宮尾すすむと日本の社長、という気持の悪いバンドの、二枚でどうだ、という曲の、タイトルだけは見事だと思っていた。
が、それは「避妊具を二枚重ねるからやらせてくれ」という意味だったと知り、憤りの芯が残る落胆に、煙草を繋いだ。
二万円でやらせてくれ、という意味だと思っていたのだ。
(郷里に帰って以前の恋人と打ち解け、いざというときに「今日はあぶない」と云われたあとの台詞が、二枚でどうだ、だった、はずだ。だから、尚更)


いいバンドを二つ観て、吐き気を覚えて帰ってきた。
「場所の所作」がなっていないのが、大嫌いなのだ。


女性のあそこに海の香を嗅ぐ。
海が好きな女性ばかり好きになって、決まってふられている。


芥川受賞以前の藤沢周で唯一読んでいなかった「ソロ」。
藤沢周に対して、私は批評眼を放棄する。
独力で世界を揺らがせようとして、失敗して尻をつく。
それこそが私であるからだ。


バタイユ「内的体験」(13年振りの再読)、古井由吉「辻」(初読)、スティーブン・ミルハウザー「ナイフ投げ師」(なぜか父親が送ってきた)を平行して読みながら、ひたすらに弦楽器に触っている昨今なのだが、澁澤訳のサド「ソドム百二十日」を、小田急線直通の千代田線で読んでいた。


ギアが、ガチッと、ニュートラルに。

スポンサーサイト
  1. 2008/07/13(日) 03:09:33|
  2. libro
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0







soy


Aqui esta:
アスルサングリエント

Me llamo:
慈姑(クワイ)

A mi mismo:
この夜、凶なきか。
日の暮れに鳥の叫ぶ、数声殷きあり。
深更に魘さるるか。
あやふきことあるか。

twitter

hydlage reload

cronica

archivo

comentario

tb

buscar

calendario

06 | 2008/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

conexion

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。