スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

El gran Masturbador

世界はがらくたの中に横たわり
かつてはとても愛していたのに
今 僕等にとって死神はもはや
それほど恐ろしくはないさ

さようなら世界夫人よ さあまた
若くつやつやと身を飾れ
僕等は君の泣き声と君の笑い声には
もう飽きた

――頭脳警察『さようなら世界夫人よ』
(原典:ヘルマン・ヘッセ/植村敏夫 訳)


慈姑さんはいつでも自慰のことしか書かないんですね、と、最近若い女性(という甘美で憂鬱で大雑把な括りが私は、大好きだ)からよく云われるので、じゃあ潔く、自慰のことを。


私にとって自慰とは、喫煙と同義である。
疲労が一定量に達したとき、疲労が持続しているときに間歇があったとき、集中しているときの無意識に、あるいは一定時間何もしていなく意識が持続しているときに、あるいは欠伸のついでに、あるいは極度の緊張時に無意識に、私は自慰を欲する。


自慰は射精を伴うが、射精は必ずしも法悦を伴わない。
法悦に意味を見出していれば、セックスを買うことが、これほど好きではないだろう。


喫煙=自慰が、私をこのフェイズに(フェイズとかマターとかスキームとかアライアンスとかクリンチとかソリューションとか、現在飯の糧に従事しているIT業界の用語が、私の生活に、すごく馴染む)、繋駕するうえで不可欠になっている。
何ら、危惧がない。
おそらく、由々しき事態だ。
そう自覚していることが、絶望的に、おかしい。
あはは。


女の子とセックスしてから、嘔吐したい。
そうして、鏡を見たい。

 

スポンサーサイト
  1. 2008/04/25(金) 00:02:28|
  2. diario
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2







soy


Aqui esta:
アスルサングリエント

Me llamo:
慈姑(クワイ)

A mi mismo:
この夜、凶なきか。
日の暮れに鳥の叫ぶ、数声殷きあり。
深更に魘さるるか。
あやふきことあるか。

twitter

hydlage reload

cronica

archivo

comentario

tb

buscar

calendario

02 | 2008/04 | 05
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

conexion

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。