スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

dis-

日本酒はとても向精神性が高くて、他の向精神性が高いもの同様、コンディションの良いときを選んで愉しむか、コンディションの悪いときを狙って苦しむ=愉しむか、どちらかであり、晩酌に日本酒、というのは私には不可能だと思い続けてきたのだが、此頃つとめて飯を喰いながら日本酒を呑むようにしている。

あー、酔ったー、という感覚がないのである。
酩酊している己をよそにする、というのが酩酊だと思っているが、その意味で、酩酊できない。
ワインのように鮮やかに離人できれば、夢想に浸ることも、夢想と現実のあわいを曖昧にして涎を垂らすこともできるし、焼酎のように内攻できれば、閑かにソリティアで夜を明かすこともできるが、日本酒では、そうはいかない。
酩酊を抱えて蹲る私の膝や尻骨が、地に接するのだ。
肉を欲しくもならない。

素面でいることの馬鹿馬鹿しさと、素面でいないことの阿呆らしさが、次第に同義を帯びてくる。
これはとても危険なことで、嘔吐するまで呑み、宿酔いを常態とすることしか、思い浮かばず、思い浮かぶ層も浅薄な一層だけで、考える、という能動を、これまで一度でもしてきたか、という自問さえ、曖昧だ。

こうした夜には金で身体を売ることを愉しんでいる女の子とセックスするか、妻子持ちと爛れた関係になる自分に酔い、同時に醒めることのできる女の子とセックスするかしかないのだが、冷たい水で髭を剃って、煙草を鎖続している。
サゾク、という言葉を、創ったふりをしている。


------------------------------------------------------------

◆映画

「BABEL」アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ 2006年

アモーレス・ペロス一作で私はイニャリトゥ信者となり、21グラムに対しては内的な批判をしつつ、それでも帰依していた。
人を描く、という、基本中の基本であるのにほとんど全ての映画も小説も詩も漫画も絵画も成し得ていないことを、この人は己を踏襲することに執心することで、続けている。
本作も同様、なのだが、どうにも気持が悪い。
繋がっていないのだ。
菊地凛子が演じる聾唖の少女だけが。

蛙が空から降ることで繋がっていた映画があった。
人類が進化することで繋がった小説があった。
そうした力技の繋ぎ方をしてくれなければ、私は、気持が悪いのだ。
ディスコミュニケーションは、所与であり、テーマとは、ならない。


------------------------------------------------------------

アブサン酒とリタリンのカクテルで完璧に離人する、という短編を書いたことがあるが、手元にない。
原発労働者と売られてきた女が廃墟で交わり、螺旋階段が空から落ちてくる、という短編を書いたことがあるが、手元にない。
手元にあるのは、粗忽長屋を新大久保のラブホテルにリプレースして、熊公に経血を浴びせた一篇だけだ。

人に紹介するために読み返した盟友の文章が、面白くて狂いそうだ。
死ねねえんだな。俺。


スポンサーサイト
  1. 2008/01/22(火) 00:04:39|
  2. diario
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

freeze/dry

仕事で関東全域を廻りながら、移動中に思うのは、私という個人において無気力に裏打ちされていないものが果たしてあるかどうか、ということと、口淫される感触は湯に浸かる快感とどこが違うか、ということぐらいで、寒さが、ほぼ完全にフィジカルに感覚される。

今朝は窓外に雪が積もっていて、斜向かいの若い夫婦の夫のほうが、外車に似せたミニ国産車のフロントガラスに薬缶の湯をかけていた。
斜向かいの若い夫婦の妻のほうは、見るたびに溜息をついてしまうほどの美女なのだが、顔の造作をどうしても記憶できないタイプの女性だ。
彼女の普段用いている薬缶、というファクターに興奮できるだろうか、と眺め入ったが、近所の1000円均一店で売っている、ビビッドでカジュアルな薬缶であるのを認め、いや、それでも興奮できるかもしれない、とも思った。

小雪の中、自転車を駆り、汗ばむ。
私は雪を見ると、皮膚が潤むのだ。

------------------------------------------------------------------------

◆本

「紅色の夢」花村萬月

花村萬月は寓話しか書かない作家だと思っている。
「ブルース」の音、「王国記」シリーズのヴィジョン、「ぢんぢんぢん」の匂い。
強烈な感覚を刻み、静かに消えていき、呼び起こそうとしても呼び起こせないところに、残る。
この一編には、「味」があった。
いなくなってしまった美しい姉の傷の色が、万華鏡のように鮮やかに、フリーズドライの蝦の味に転化して、溶ける。
私にとって初期萬月を読むことは、己の感覚に戻るようでありながら、感覚を己に幽閉しないための行為だ。


破滅――梅川昭美の三十年」毎日新聞社会部編

先日ブックオフに2時間いてこれ一冊しか買わなかったのは、惹かれたからではなく、呼ばれたからだ。
この一冊から浮かび上がる梅川昭美の像には、7割ほど「RJ」という名の友人の姿がかさなり、4割ほど私の姿(客観をとっくに諦めている私の視点からの私)が重なる。
剰余の1割は私とRJの双方に侵食する。
それが戦くほど悲しい快感だ。


昨年秋から、なぜか無性に桜庭一樹という作家の小説が読みたい、と思い(一冊も読んだことがない)、新刊書店を数件回ったが、どこも一冊も置いていなかったことから(東京、茨城、千葉、山梨、神奈川の、その時に立ち寄った大きくもない書店にたまたまなかっただけなのだが)、呼ばれていないのだな、と思い、先送りにしていたところ、直木賞を取ったという。
芥川賞は西村賢太が取ったら愉しいな、と思っていたらやはり取らなかった。
川上未映子について私は名前も知らなかったが、今後読むことがあるかどうかも知らない。
鈴木杏里のブログが面白いのと同質に面白いのだろうなあ、という予感がしていて、その予感が当たろうと外れようと、興味が湧かないのだ。

------------------------------------------------------------

◆音楽

「Queens and Kings」Fanfare Ciocarlia

親しい女性の結婚祝いに贈ったものを、貸してもらった。
呆れるほどの傑作。

多分、私は、音楽が、好きなのだ。
と、思わせてくれるアルバムは、久しぶりだ。

------------------------------------------------------------

◆映画

「Crossing The Bridge: The Sound of Istanbul」 2005年

ハッケがイスタンブールに、というだけで小躍りする。
ババズーラ以外は初めて聞くミュージシャンだったが、レプリカスというバンドと、ジェザというラッパーには瞠目する。

本当に珍しいことなのだが、これは子供に見せなきゃ、と思った。

------------------------------------------------------------

今夜がフリーズでドライなのは、アルコールが足りないのと、何も絶っていない所為だ。



  1. 2008/01/18(金) 02:20:29|
  2. diario
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:3

第七天国

◆音楽

暮れに大久保で知り合ったお姉さんが唄っている有名なバンドについて調べているうちに、シューゲイザー、というジャンルのことを数年ぶりに思い出し、My Bloody Valentineなどを聴いてみる。
退屈だ。
gazeするのはshoeではなく、虚空でなければ嘘だ。
が、お姉さんのバンドは、だいぶいい。
texas pandaa

Radioheadの新作「In Rainbows」は、OK Computer以降の路線からの転換と、流通方法が話題になっているようだが、具体的にも抽象的にも、積極的にも消極的にも、意識的にも無意識的にもなっているわけではなく、ただ、トム・ヨークが、愉しそうで、よかった。
音楽が商品として流通することにおいて、ダウンロードのみの販売、という形態は、極端な方法だろうが、極端でなければ、アンチテーゼとなる可能性を有さない。
これで何かが変わるわけではない、が、より「流れる」方法を選ぶのは、絶対に間違ってはいない。

Marilyn Mansonの新作「Eat Me Drink Me」は、掛け値なしの傑作。
ブリトニーとマンソンがいる限り、世界のヒットチャートはアメリカ主導でいい、などと思って、少し笑う。

Buck-Tickの武道館は、ギタリスト今井寿があまりに格好良かった。

今更ながら音楽理論を勉強していて、私のベースラインが特殊と云われるのは、弾き始めたのが「ブルーズ」だったことと、増4度=ドミナントに留まろうとする気質によるからだ、と知る。

ノイバウテンの新譜が欲しい。

------------------------------------------------------------------------

◆人

代々木のビルの5F屋上から落下して、全身を骨折した知人を見舞いに行った。
右腕と左脚がパキッと折れ、左腕と右脚が腰骨がぐしゃぐしゃになっていた。
全身不随ながら、嫌いな看護婦に悪態をつき(それで部屋を移動になっている)、好きな看護婦と懇ろになっている彼は、相変わらず素敵な男だった。
けどな、と彼は云う。落ちるのは、怖えぞ。
彼はかつて私が高所作業に従事していた時の同僚で、今回の事故も、その仕事中に、人災として発生した(屋上にいた人間がミスを犯した)のだった。
その仕事に就く上で必要な覚悟を彼は持っているので、その人間を責めるようなことはしない。
私はその仕事の、自分の生死の責任が全て自分にかかってきて、かつ常に死に面しているところが、好きだった。
落下する快感を、求めてもいた。

彼はきっと驚異的なスピードで回復する。
そして、彼の姿を見て、落下の恐怖を聞かされても、私が落下の快感への憧憬、死への憧憬を持ち続けていくことも、彼は知っている。

------------------------------------------------------------------------

◆映画・ドラマ

「赤いアモーレ」 ペネロペ・クルス主演
「情痴 アヴァンチュール」 リュディヴィーヌ・サニエ主演

どちらも、女優が素晴らしく、シナリオがどうしようもなく薄い。
第一線のヨーロッパ女優で、ハリウッドでも主演を張れる、というステータスを、ステータスとしてしか表現できない監督達、脚本家達だ。
彼女達は、芸術家たりうる=世界を変えることができるかもしれない、のに。
これでいいわきゃねえよな、と思いながらも、死体になったペネロペと、生き続けたリュディヴィーヌの美しさに、陶然とした。
ただ、ペネロペはもっと大きな仕事ができても、リュディヴィーヌは、エマニュエル・ベアールの足跡を辿ることになってしまいそうで、でも、そんなこともないのかな、とも思う。

「NIP/TUCK マイアミ整形外科医」 アメリカンテレビドラマ

ドラマにハマる、ということがしたくなって、アメリカンテレビドラマの脚本の質の高さは以前から評価していたが、実際にハマったのは「ER」ぐらいなので、医学ドラマで、男女関係がえげつないものを、と選んでみて、見事にハマった。
ジョエリー・リチャードソンの演技が、私の裡にある女性像と衝突しながら絡み合って、つまり、リアルで、ジュリアン・マクマホン演じるトロイ医師もディラン・ウォルシュ演じるマナクマラ医師も、私の認識する私という男性像と、相互にリンクし、つまり、リアルで、
非常に、面白い。

「のだめカンタービレ」

千秋=玉木宏が泣くと、自然と私も泣いてしまうのは問題だ。
キャスティングにおいて、このドラマ以上のものは数年出てこないように思う。
吉瀬美智子は反則なくらい素敵だったが、そもそも反則でなければいけないのだ。

------------------------------------------------------------------------

◆本

ふと、だいぶ前に流行ったものを読んでみようと思った。

「木島日記」大塚英志

月、のエピソードは面白かったが、それ以外は凡庸。
マンガ原作⇒マンガ⇒ノベライズ、という手法についても、特に何の感想もない。
確信犯であることには好感が持てるし、それないりにエンタテインした。
釈迢空を読み返す機縁になりそうなだけで、よかったのだろう。

「阿修羅ガール」舞城王太郎

浦沢直樹チームのように、プロデュースにおいて優れたリーダーが率いるチームが、覆面作家の正体である気がしたが、別にどうでもいい。
文体に「新しさ」は全くない。小説の企みとしても、鳥肌が立つような「悪意」があるわけではない。
私はいわゆる「サブカルチャー」というものが嫌いで、メインカルチャーでない以上はカウンターカルチャーである必要があると思っているのだが(小説こそが唯一メインカルチャーであるべきで、ポストカルチャー、ということが可能なら、それも小説しか果たせないと思っている)、これはサブカルチャーに留まっている。
それでも、少し面白い。
ちゃんと、女がいる。

------------------------------------------------------------------------

◆出張

正月3日にまた甲府へ。
午後4時から未明5時まで、ホテルで缶ビールを飲み続け、アダルトビデオを観続けて、7度自慰をした。

------------------------------------------------------------------------

ステージに立つことばかり、思い描いて過ごしている。

15年前に買った楽器が手元に戻り、思い切り弦高を上げた。

  1. 2008/01/09(水) 01:36:38|
  2. diario
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0







soy


Aqui esta:
アスルサングリエント

Me llamo:
慈姑(クワイ)

A mi mismo:
この夜、凶なきか。
日の暮れに鳥の叫ぶ、数声殷きあり。
深更に魘さるるか。
あやふきことあるか。

twitter

hydlage reload

cronica

archivo

comentario

tb

buscar

calendario

12 | 2008/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

conexion

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。