スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Love Me Tender

池袋ADMでバレットキャバレー。
シライショウゴにはひょっとするともの凄い覚悟があるのかもしれない、とふと思い、慄然とする。
覚悟とは、メジャーになるとか、あるいはならないとか、どちらでもそれほど違わないのだが、そういった覚悟ではなく、数層深みにある、覚悟である。
この男は、背負いきれぬと知ってなお背負おうとしている。
仲間を。女を。
そんな気がした。


戦慄は充足であると同時に欠落であるので、性的な陶酔による、喪失を獲得したくなる。
最前列の、緑色のセーターの女の子が眼に留まる。
背中に薄いが重く付いた肉と、丸い脹脛とで、彼女が肉体的に、時代に選ばれている女ではないことが、まず私に安息を齎し、時折見える顔の造作が端整で、それと矛盾せぬ貧相さもあって、肩までの髪は人の手による、それでも彼女の健康さが涌出した栗色で、しばらく、値踏みするように見つめていた。
16ビートにアレンジされた曲の最中、彼女は細い指で両耳を触り、身体を軸ごと震わせた。
ひかがみに蜉蝣が見えた気がした。
彼女は悦に満ち、悦が耳から溢れてきて、それを慌てて手で掬おうと、しているように見えた。
彼女から溢れた悦は、そのまま私の陰嚢を満たし、重くした。


早々にライブハウスを去り、池袋駅のトイレで、声を挙げて自慰をした。
彼女の裸身を思い描くことはできなかった。
彼女の悦が私から溢れ出し、空になった。


池袋を歩くと、吐き気に似た刹那さに眩暈がする。
思い出すのは女の顔であり身体であるが、その像はすぐに消えて、部屋の記憶が残り、それはそのまま時間の焦げつきとなって、手のひらにべったりと張り付く。
闇雲に女を抱く金を持っていないことに、どうしようもない哀しみが募り、ストレス、とはこういうことを云うのかと思ったりした。


悦が極まると尿を漏らす女と遊びたい。
明日はまた甲府だ。
甲府で尿を浴びることができるだろうか、と思っていると、
長風呂を心配した妻の声がした。


湯上りにビールを呑んでいると、長男が、「咳は治ったの」と訊く。
治ったよ、すっかり元気だ、と応えた。
スポンサーサイト
  1. 2007/11/30(金) 00:54:37|
  2. diario
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0







soy


Aqui esta:
アスルサングリエント

Me llamo:
慈姑(クワイ)

A mi mismo:
この夜、凶なきか。
日の暮れに鳥の叫ぶ、数声殷きあり。
深更に魘さるるか。
あやふきことあるか。

twitter

hydlage reload

cronica

archivo

comentario

tb

buscar

calendario

10 | 2007/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

conexion

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。