スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

夏の匂い

確かにあなたは あの時此処に居て
大切な事を 打ち明けてくれた
背中を抱いて 守っているような気がした
背中を抱かれて 守られているような気がした
――ふきた「夏の匂い」



吹田さんのことを書くとおそらくキリがない。
唄を聴いて、泣きじゃくって、泣いたまま泣いた顔が、顔を支点にして裏返りそうになったのは、多分吹田さんの唄以外にないんじゃないかと思う。



Popland Off Gallery、というバンドがあった。
80年代から90年代終わりまで、東京で色と云えぬ色を放ったバンドだった。
元さかな、元コリアンブッデストゴットのPOP鈴木さんが加入するあたりに、私は上京し、世話になった。
吹田さんは、あらゆるスターがそうであるように、個人的な事象を個人的に唄い、それが普遍性を帯びていた。
(が、その普遍性を認めようとしない「個性」とやらが蔓延りはじめていた季節だった)
ベースの白取さんは鳶の親方で、女性問題で問題を抱え続けていた。
(2年ほど前に再会したとき、「普通に暮らしている」と私が云うや否や、白取さんは鳩尾に拳を打ち込んでくれた)
私はPopland Off Galleryのライブに欠かさず出かけ、泣いたり、怒ったりしていた。
おそらく、愛していたのである。



社会性を剥ぎ取られたところから創作は出発する。
それが普遍的な真実ではないと知ったときのショックは只ならぬものだった。
社会的に成功したい連中と、成功を無視することでかえって社会的になっている連中、ばかりだった。
ショックの前にニーチェやショーペンハウアーを読んでしまっていたことは、損をしたように思ったが、それでもブコウスキーがいた。
自分達の曲があって、自分の詩があって、沈潜する、爆発力を帯びた性欲があって、若く、寂しく、不機嫌だったが、例えば橋の上から、他人、の真の姿が見えていた。
Popland Off Galleryは、吹田さんは、その風景に、居た。



吹田さんは平沢進でありレックであり三上寛である。
私は――



今日は機嫌がいい。
30になって大江はねえよな、と「空の怪物アグイー」を閉じて、立ったまま眠り、眼を覚まして乗り換え、中央線に乗り換えるたびに吉祥寺の女を、まだ思い出すことに、醜く微笑んで、バタイユ「マダム・エドワルダ」を読みながら、ああこれは絶対に30過ぎでもオッケーだ、バタイユは絶対女にもてないよねー、とか言っていた村上龍はいつかこの手で殴り殺したいな、と改札を過ぎると、甲府だったから。


甲府に情婦がいればよかったのに。
甲府に情婦。
坊主が甲府に上手に情婦の絵を、
情婦の絵を。



「空の怪物アグイー」は、なくなっていた。



吹田さん、
来週末、弘前で会えたら嬉しい。



何を書きたかったのか、といえば、
女の子の尻の穴を舐めたくて、仕方がない、ということ。

スポンサーサイト
  1. 2007/11/16(金) 00:50:42|
  2. musica
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3







soy


Aqui esta:
アスルサングリエント

Me llamo:
慈姑(クワイ)

A mi mismo:
この夜、凶なきか。
日の暮れに鳥の叫ぶ、数声殷きあり。
深更に魘さるるか。
あやふきことあるか。

twitter

hydlage reload

cronica

archivo

comentario

tb

buscar

calendario

09 | 2007/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

conexion

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。