スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

when the sea is rumbling

耳の裏、経絡穴でいえば風池のあたりが張っている。
午前は次男と、午後は長男と寝て過ごす。
少量のアルコールを口にすると、急激に大量の光が眼球に飛び込んでくる。
ハレーションを起した脳髄もすぐに褪め、重る。


性的なフラストレーションと、概ねそれに因るメランコリーこそが私のブルースであり、ブルース以外に唄えることも話せることもないのが私であるが、言葉を吐くことに困難を覚える日々が30歳を過ぎても訪れることに些かうんざりして、煙草ばかり吸う。釣崎清隆のインタビューを熟読する。PORTISHEADを聴く。こうした夏の夜にぬるぬると睦んだ女の人のことを、ではなく、その行為そのものと、匂いを、時間の密度を思い出そうとする。密室に射していた光線の具合や、ひと塊になったシーツや、浴室のタイルの模様や、灰皿の形や、視覚的な記憶しか蘇らないことにひどく失望して、本棚の前に立つ。六田登『海が鳴く時』。


幼き日から若き日にかけて、パラダイムシフト、とも云うべき衝撃を与えてくれたのは、太宰でありショーペンハウアーでありブコウスキーであり、古井由吉でありヘミングウェイでありニーチェであり、大きく文学と括ることができそうなものだったが、私の裡に鳴る通奏低音、とでもいうべきものに名を与えてくれたのは、安達哲や山本直樹や、六田登の漫画だった。


父を見失い己の実体を掴めぬまま成長し、女と出会い子が生まれ、別れ、それから18年経た男が、別れた娘と知らずに交わる。
娘もまた父を探し求め続けていたことが顕かになっても、互いを求め続ける。閉ざした部屋が二人の体液の匂いで澱んでいき、やがて古い時計が鳴り、二人は娘の母親の故郷である島へ向かう。


ありふれたストーリーだと思う己を、いまでも抑制しようとする己がいる。
寄る辺なく、飢えて、求め合うこと、それだけを真実としたい己が、まだここにいる。


お前は誰も愛したことがないのだろう、と18歳の私に云った人がいた。
それのどこが悪い、と実際には矛先の定まらない敵愾心を剥き出しにする若さは、既にない。
いま同じことをその人に云われたら、
ひでえことを云いやがるなあ、と、笑みさえ浮かべることができるだろう。

スポンサーサイト
  1. 2007/07/30(月) 02:08:39|
  2. libro
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4







soy


Aqui esta:
アスルサングリエント

Me llamo:
慈姑(クワイ)

A mi mismo:
この夜、凶なきか。
日の暮れに鳥の叫ぶ、数声殷きあり。
深更に魘さるるか。
あやふきことあるか。

twitter

hydlage reload

cronica

archivo

comentario

tb

buscar

calendario

06 | 2007/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

conexion

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。