スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

spider addict

単純な計算の反復ほど、麻薬性のあるものはない。


脳を鍛える云々のゲームが売れるのは、人々が己の頭の硬直におそれを持っているから、という理由が少なくとも外れてはいないだろうが、それらが「流行る」のは、麻薬だからであると私は思っている。


ランナーズハイやクライマーズハイなどの、いわゆる脳内麻薬とは、少し違う。
脳内麻薬は反復する苦痛から精神を守るために脳が分泌する。
単調な計算やパズルは、精神に損壊を与えるおそれなどない。
端的に、「退屈」そのものである。
だからこそ、やめられなくなる。
人間はそもそも怠惰だ、ということでもない。
パズルを解き続ける無意味さ、無価値さが、あらゆる中毒者が根底において欲する「自失」へと繋がるからだ。


パズルゲームの類に対して、私は多分に中毒者の素養を有している。
クロスワードも、ナンバークロスも、ピクロスも、ナンバープレイスも、ロジッククイズなどにしても、一度始めると寝食を忘れ(とはいえ酒は飲むのだが)憔悴しきるまで続ける。
自失の快感に、滅法弱いのである。
のめりこむほどに、私が私である必要性が希薄になっていく。
問題を解くための機械に成り果てた、と錯覚できる瞬間こそ法悦である。
解けた快感など、それに比べれば取るに足らない。


今年になってから、その性分が顕著になってきた。
携帯に標準搭載のぷよぷよとコラムスを、昼夜やり続けてそれぞれ全ステージをクリアした。
その後はWindowsに標準搭載のスパイダソリティアを、気がつけば昼も夜もやっている。
いったん止めることはできるが、知らず再開してしまっている。
朝から酒を飲みながら、なぜ酒を飲んでいるかを考えているような状態である。


私の女性への依存性も、これと同根なのではないか、という思いが、このところ私の頭の中を占めている。


自失を求めてのめりこむ。
のめりこむこと自体に中毒する。
いつしか自失の快感に、相手の顔さえよくわからなくなる。
そのくせ避けられるといつまでも、忘れられない。


おそろしいことだ。
みじめなことだ。
深く考えなければならないことだ。
そう思いながら、スパイダソリティアを続けている。
どうしても勝率が一割に届かない。

スポンサーサイト
  1. 2007/02/06(火) 23:37:10|
  2. computadora
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

logo

azul sangrientoロゴの作り方。


① Photoshopでロゴを作成。参考:fmod
② 明度を小刻みに変えた画像を複数枚と、グレイスケールの明暗異なる画像も複数枚用意。
③ フリーソフトのGIAMで編集。
④ ブログにアップロードし、画像のアドレスを確認したらHTMLを修正(FC2ならHEADの部分だけ)。



切れかけたネオン。
消える前の一瞬の輝き。
無限ループによるトランス性。
総じて、青さ。


そういったものをイメージしたが、やはりアマチュア。
センスの所為にすることこそアマチュアか。

  1. 2007/02/03(土) 23:27:25|
  2. computadora
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0







soy


Aqui esta:
アスルサングリエント

Me llamo:
慈姑(クワイ)

A mi mismo:
この夜、凶なきか。
日の暮れに鳥の叫ぶ、数声殷きあり。
深更に魘さるるか。
あやふきことあるか。

twitter

hydlage reload

cronica

archivo

comentario

tb

buscar

calendario

01 | 2017/03 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

conexion

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。